浄化槽工事

イメージ画像

汚い水を綺麗に、貴重な水を大切に。

水は、私たちの生活にとってはもちろんですが、すべての生物が生きていくためには、なくてはならないものです。
しかし、地球上に存在する水のうち97パーセントは海水のため飲むことはできません。

残りのわずか3パーセントが淡水(真水)ですが、そのほとんど(約5分の4)が南極や北極などの万年雪や氷河であり、残りのほとんどの水は深い地下に地下水として閉ざされたままです。

私たち地球上の生き物が使える水は、世界中の淡水(真水)のわずか1パーセントしかないのです。
貴重な水を大切に使いたいものです。

浄化槽は身近な汚水処理施設

浄化槽とは「汚水や排水を沈殿させたり、微生物の働きにより分解して浄化し、きれいな水にして放流するための施設」です。

わたしたちは毎日の生活の中で、たくさんの水を使用しています。
その水の多くは最終的に汚水となって川や湖沼そして海へと流れていきます。

汚水のままの状態で、放流されると水の汚濁がすすみ、
美しく豊かな自然は崩壊されます。

そこで、生活環境を守るため、汚水を処理し、きれいな水を取り戻すのが浄化槽です。
大規模なものから各家庭ごとの小規模なものまで、地域の実情に応じて設置されている優れた処理施設です。